PR

ベルシリーズ 着圧レギパンの支払い方法5つを紹介!各決済方法の注意点も確認!

この記事では、ベルシリーズ 着圧レギパンの支払い方法についてお伝えしています。

ベルシリーズ 着圧レギパンの支払いは、クレジットカード・代金引換・後払い.com・atone(アトネ)・Amazon Payの5つが利用可能です。

ただ手数料などを考えるとクレジットカードやAmazon Payでの支払い方法が1番お得です。

それぞれの支払い方法の特徴や注意点を詳しくお伝えしてきます。

いますぐベルシリーズの着圧レギパンを使ってみたい人は公式サイトを、支払い方法ごとの注意点を詳しく知りたい人はこの記事をチェックしてくださいね。

着圧レギパン 公式サイトはこちら

ベルシリーズ 着圧レギパンの支払い方法5つの特徴や注意点をご案内!

支払い方法 注意点
クレジットカード 5ブランドに対応
代金引換 代引き手数料が必要
後払い.com 決済手数料が必要
atone(翌月払い) 請求手数料が必要
Amazon Pay 情報入力の手間が省ける

ベルシリーズ 着圧レギパンの支払い方法5つを表にしてまとめました。

それぞれの支払い方法の特徴や注意点を記載しています。

記事の初めでもお伝えしましたが、手数料を考えるとクレジットカードやAmazon Payでの支払いが1番お得です。

ただ、他の支払い方法で着圧レギパンを購入したい人もいると思うので、それぞれの支払い方法の特徴や注意点を詳しくお伝えしていきますね。

支払い方法①:クレジットカード

・VISA
・MasterCard
・JCB
・AMERICAN EXPRESS
・Diners Club

支払い方法1つ目は、クレジットカードです。

ベルシリーズ 着圧レギパンは、上記5つのブランドでの支払いに対応しています。

ほとんどの場合、普段お使いのクレジットカードで着圧レギパンの支払いが可能です。

他の支払い方法と違い、クレジットカードでの支払いなら余計な手数料を支払う必要がありません。

クレジットカードをお持ちであれば、代金引換や後払いではなく、クレジットカードでの支払いがおすすめです。

支払い方法②:代金引換

・代引き金額 1万円以下:代引き手数料 330円(税込)
・代引き金額 3万円以下:代引き手数料 440円(税込)

支払い方法2つ目は、代金引換です。

代金引換を利用して着圧レギパンを購入する場合、上記の代引き手数料が別途必要となります。

着圧レギパンは7枚セットが26,368円(税込)なので、普通の買い方であれば代引き手数料は440円(税込)となります。

代金引換の準備を面倒に感じがちな人や別途手数料を支払いたくない人は、記事の初めでもお伝えした通り、クレジットカードやAmazon Payでの支払いを検討してみてください。

支払い方法③:後払い.com

・コンビニ
・銀行振込
・郵便振替

支払い方法3つ目は、後払い.comです。

後払い.comを利用する場合、コンビニや銀行振込、郵便振替で着圧レギパンの支払いをすることができます。

コンビニだと、ファミリーマート・セブンイレブン・ポプラ・ミニストップ・ローソン・デイリーヤマザキが対応しています。

後払い用の請求書は、着圧レギパンと一緒に送られてきます。

支払いは、請求書発行から14日以内に済ませましょう。

なお、後払い.comを利用して着圧レギパンの支払いをする場合、別途決済手数料が220円(税込)が必要となります。

余計な手数料を支払いたくない人は、クレジットカードやAmazon Payでの支払いを検討してみてくださいね。

支払い方法④:atone(翌月払い)

・ファミリーマート
・ミニストップ
・ローソン

支払い方法4つ目は、atone〈アトネ〉です。

atoneを利用することで、上記のコンビニにて着圧レギパンの支払いができます。

着圧レギパンを購入した翌月初旬に、支払い用紙の発券に必要な番号がメールで届きます。

番号が届いたらLoppiやFamiポートで払込票を発券し、レジで支払いましょう。

支払い期限は着圧レギパンを購入した翌月10日までです。

なお、決済手数料は無料ですが、利用月のみ請求手数料209円(税込)が必要です。

代金引換や後払い.com同様、手数料を支払いたくない場合は、クレジットカードやAmazon Payでの支払いを選びましょう。

支払い方法⑤:Amazon Pay

・注文時のお届け先やクレジットカード情報の入力が省ける。
・Amazon Pay利用時の決済手数料が無料。

支払い方法5つ目は、Amazon Payです。

Amazon Payを利用して着圧レギパンを購入する場合、注文時にお届け先やクレジットカード情報を入力する必要がありません。

普段利用しているAmazonアカウントのお届け先情報や支払い方法を利用できるからです。

なので、着圧レギパン注文時の面倒な情報入力の手間が省け、少ない手順で購入することが可能です。

また、Amazon Payを利用する場合の決済手数料もかかりません。

商品購入時のお届け先やクレジットカード情報の入力を面倒に感じている人は、Amazon Payを選んでみてください。

なお、ベルシリーズ会員登録のメールアドレスとAmazonアカウントで登録されているメールアドレスが同じ場合、Amazon Pay利用時のログインができないようです。

ベルシリーズ会員登録時のメールアドレスは、Amazonアカウントとは別のメールアドレスを使用してくださいね。

ベルシリーズ 着圧レギパンの支払い方法についてまとめ

ベルシリーズ 着圧レギパンには5つの支払い方法がありますが、クレジットカードやAmazon Pay以外の支払いだと別途手数料が必要です。

商品以外の費用を抑えたい人は、代金引換や後払いではなくクレジットカードやAmazon Payを選んだ方がお得になります。

>>>ベルシリーズ 着圧レギパンの詳細はこちら

ベルシリーズ 着圧レギパンの口コミや評判は別の記事で紹介しています。

着圧レギパンの体験者の声を確認したい人は、そちらもチェックしてみてくださいね。

>>ベルシリーズ 着圧レギパンの口コミや評判を確認する

タイトルとURLをコピーしました